• 格安スマホでお得に使おう

    従来、スマートフォンなど携帯を利用するには、ドコモ、ソフトバンク、auなどの携帯キャリアと通信契約を結ぶ必要がありました。

    これら携帯キャリアのスマートフォン代金は、月額7000円〜8000円程度と決して安いものではありません。
    年間にすると、およそ10万円程度にものぼります。


    ましてや、固定電話のように一家に一台ではなく、一人一台を所有する時代になりました。防犯上の理由から、子供にも携帯を持たせている家庭も多いようです。



    節約を考えたとき、携帯代金は、家計を圧迫する大きな存在であることに間違いありません。

    現在では、携帯キャリアから通信回線を借りて通信サービスが行われる、格安スマホが販売されるに至りました。
    格安スマホの代金は、月額2000円程度と非常に低額で、従来に比べると3分の1から4分の1程度にコストカットされます。

    通信回線についても、携帯キャリアから通信回線を借りているので、通信設備、通信状況には問題ありません。



    家計を考えれば、非常に大きなメリットといえます。では、このようにメリットの大きい格安スマホには、デメリットはないのでしょうか。

    デメリットをあげるとすれば、ただ1点、格安スマホは、携帯キャリアが提供するものではないため、携帯キャリアのメールアドレスを使用することはできません。しかし、現在では、家族や友人との連絡手段にアプリを利用し、メール自体を使用していない人も多いのではないでしょうか。



    また、メールを使用しなければならない場合には、フリーメールを使ってやり取りすることもできます。

    携帯キャリアのメールアドレスが使用できなければ困る、という人は少ないはずです。


    携帯代金など、固定経費は低額に抑えられるに越したことはありません。
    格安スマホへの乗り換えを検討してみても良いのではないでしょうか。